スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカン・ハッスル American Hustle

americanh.jpg

2014年1月31日日本公開
監督 デヴィッド・O・ラッセル
脚本 デヴィッド・O・ラッセル
エリック・ウォーレン・シンガー

出演者 クリスチャン・ベール
ブラッドレイ・クーパー
エイミー・アダムス
ジェレミー・レナー
ジェニファー・ローレンス

アメリカで起こった収賄事件「アブスキャム事件(英語版)」を基に映画化されたものです。

実話がどの程度反映されているのか分からないが結構多くの部分を占めているようです。
FBI捜査官がある政治家たちを逮捕する計画を思いつく。
カジノ利権の餌に喰らいつくように仕向ける計画。
そのためには騙しのプロが必要。
長年詐欺で生きてきた人物を逮捕してそのプロの詐欺師を使って所謂おとり捜査が開始された。

感想。
なんの予備知識もなく鑑賞した。
出演者が誰なのかさえ知らずに。
しかし見事なまでに引き込まれた。
映画の最初にこの話しは実話に基づくというのも効いたのかもしれないがなによりもプロ詐欺師役の役者に惹かれた。

この俳優が誰なのかまったく知らなかった。
実際はバットマンにでていたあの有名な クリスチャン・ベールだった。
まったくの別人ではないか。
キャストを知らずに観て クリスチャン・ベールと気づく日本人はいないのではないだろうか。
クリスチャン・ベールには恐れいった。
この俳優は普段は2枚目俳優なのだが役に入り込むというか肉体改造が半端ない。
マニフェストという映画では不眠症の人間を演じたのだが極限まで体重を減らし死亡寸前に見えるほどガリガリに痩せていた。

今作のアメリカンハッスルではハゲ役なので本当に髪の毛を毎日剃っていたそうです。
本当のハゲ俳優だと思っていたが剃っていたとは。
あと実在の詐欺師の風貌を真似るためにビール腹にしてかなりのおデブになっています。
クリスチャン・ベールと気づくはずもない。
クリスチャン・ベールはふとるために手元にある食べ物はなんでも食べたそうです。
あと実在の詐欺師(今は高齢)の自宅に3日間ほど泊まって本人の癖や訛りをい徹底的に真似たそうです。

クリスチャン・ベールの役にかけるその情熱はおそらく世界一ではないでしょうか。
世界一といって言い過ぎと思う人は一度今作とマニフェストをご覧になればわかります。
同一人物とは思えませんから。

とにかく実話ベースなので面白いのとクリスチャン・ベール演じるプロ詐欺師の目つき態度物腰が本当に魅力的なんです。
カッコイイ役ではないはずなのに本当に不思議な魅力のある詐欺師になっている。
私はこの映画を見終わって一体この詐欺師を演じた役者は誰なのか気になって調べてびっくりした。

とにかく超おすすめ映画です。
久々にもう一度観たい何度でも観たいという映画に出会えた。
それもこれも全てはクリスチャン・ベールの演技と彼の不思議な魅力にある。
スポンサーサイト
プロフィール

camcam74

Author:camcam74
映画などの感想日誌へようこそ!
映画全般(邦画、洋画)、音楽やアニメなどいろんな感想を日誌形式で書いてます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。